スポンサードリンク


人気ブログランキングへ

2008年05月14日

新国立病院ダイエットの誕生

国立病院ダイエットは極端に摂取カロリーを抑え、さらに充分な栄養成分も摂取できないので、非常に危険なダイエットです。
しかし、メニューがあらかじめきっちり決められていることと、二週間という期間の短さが気軽さを呼び、実行する人も多くいました。

そこで、従来の国立病院ダイエットの内容を改善させた「新国立病院ダイエット」が発案されました。

新国立病院ダイエットとは、どんなものなのでしょう。
新国立病院ダイエットも、国立病院ダイエットと同じで、食事制限を主としたダイエット方法です。

ですが従来の国立病院ダイエットと違い、栄養や摂取カロリーに充分留意された、安全性の高いものになっています。

新国立病院ダイエットの特徴は、以下のようになっています。
・ダイエットの期間が定められていない。
→→従来の国立病院ダイエットは実行期間を「二週間」と定めていましたが(「二週間以上は絶対に続けないで下さい」という警告めいた記載もありました)。

・摂取してもいい食品が増えています。
→→従来の国立病院ダイエットはグレープフルーツとゆで卵が食事の中心でした。ゆで卵を食べ過ぎるとコレステロール値が上がってしまう危険性があったため、生活習慣病を招く可能性もありました。また、従来の国立病院ダイエットでタブーとされていた牛乳や乳製品、水分の摂取も大丈夫です。

・メニューに柔軟性があります。
→→従来の国立病院ダイエットは食事メニューがきっちり決められていました。今回の新国立病院ダイエットは、メニューに柔軟性があります。なので飽きることなく、自分のペースで進めることができます。

・毎日体重を計る、という決まりごとが増えました。
→→体重の変化を細かく観察することは、ダイエットの基本。
posted by chao at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 国立病院ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。