スポンサードリンク


人気ブログランキングへ

2009年04月01日

国立病院ダイエットの基本ルール

国立病院ダイエットには、基本のルールがあります。それは、水分を多く取る、朝ごはんはしっかり食べる、おやつは食べない、外食はOK、3食のバランスを考える、毎日決まった時間に体重を測るというものです。メニューは、1週間、朝ごはんから夜ごはんまで、毎日3食キチンと決められていますが、新国立病院ダイエットでは、一応定められたメニューを目安とし、自分でチェンジすることも出来るようです。

メニューに野菜がよく出てきますが、その野菜は、生で持温めてもいいです。人参、トマトなどの野菜は、毎日食べる決まりになっています。ステーキは、醤油を使ってもいいし、魚は刺身でもいいけど、肉と魚には、分量が決められており、調理法は、油を使わずに焼くか蒸す、茹でるのどれかです。メニューにコーヒーが出てきますが、これは、砂糖やミルクは入れない決まりです。

国立病院ダイエットのメニューは、半月以上続けてしまうと、栄養のバランスが崩れ、貧血になることがあるので、このダイエットを続けるなら、半月ダイエットした後に、一か月は感覚を空ける必要があります。

国立病院ダイエットは、生理中の人、妊婦さんなどは、栄養面で問題があるため、このダイエットはしない方がいいでしょう。栄養の偏りが懸念されるため、サプリを利用してもいいとなっています。貧血が心配されるので、鉄分やカルシウムは、ご飯を食べた後に飲むといいでしょう。

健康を害する可能性を示してあるルール、しっかり読んでおかないと危険のようですね。
posted by chao at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 国立病院ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。